FC2ブログ
天守閣もいいが、石垣もいい

わたしはお城ファンであり、これまで全国さまざまな城を訪ねた。

 

熊本城、松本城、姫路城、彦根城、松山城、それから弘前城、犬山城、岐阜城、丸亀城、備中松山城などが印象に残っている。

 

全国に3~4万の城がある。その99%が中世(南北朝、戦国時代)に築かれた。

 

天守閣がつくられるようになったのは、織田信長の安土城(1576年築城)からだと言われている。

 

信長が、権威の象徴として天守を備えた近世城郭をつくった。いわゆる「見せる城」である。

 

わたしは天守閣に関心があり、以前はそれを中心に観ていたが、最近は石垣にも興味を抱いている。

 

石垣と言えば、やはり熊本城。その形は地面付近は勾配がゆるく、上に行くにしたがってほぼ垂直になる。武者返しと呼ばれている。

 

加藤清正が近江・坂本から率いてきた石工集団の「穴太衆(あのうしゅう)」によって作られた。

 

現在残っている城の石垣の多くが当時のままだという。天守閣はなくても石垣は残っている。石垣から当時がしのばれる。

 

ちなみに、大阪城にある高石垣は約32メートルあり日本一を誇る。続いて、伊賀上野城の高石垣は約30メートルの高さがある。

 

最近訪れた福知山城の石垣は野面積みと呼ばれ、築城当初の面影を残している。

DSC03116★      



【2018/09/22 19:03】 | 柔らかい発想 | トラックバック(0) |


<<鉄道を通じて時代の変化を実感 | ホーム | 大事なのは目的(本来あるべき姿)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ideaway.blog93.fc2.com/tb.php/566-33152179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |