FC2ブログ
「これはこうだ」と決めつけるな

わたしたちは、仕事でさまざまな問題・課題を抱えている。

 

たとえば、「クレーム対策」「納期の管理」「在庫の削減」「機械の故障」「売上アップ」「顧客開拓」「生産性の向上」「コストダウン」などである。


あるいは、「経費節減」「業務の効率化」「資料の整理」「情報の共有化」「部署間の交流」「職場の人間関係」などである。

 

これらの問題・課題を抱えながら、なかなか思うようにいかないのが現状である。

 

では、なぜ思うようにいかないのか。能力や経験が不足しているからか。

 

そのようなことも関係しているが、もっと本質的なことがある。それは常識や固定観念にとらわれているからである。

 

たとえば、「売れない→値下げをする」「納期に間に合わせる→残業をする」というように、常識や固定観念、従来の考え方・やり方にとらわれている。「これはこうだ」と決めつけている。

 

このように、固定化・マンネリ化したやり方をしていたのではうまくいかない。進歩がない。

 

売れないなら、売れる(お客さんが喜んで買ってくれる)工夫をする。たとえば、ある酒屋さんは樽のワインを直輸入し小分け販売をしている。すぐに予約で埋まるという。

 

納期に間に合わないなら、そのときは残業をするにしても、次回からはこのようなことのないような対策を考える。

 

わたしは「柔らかい発想 実践セミナー」など、アイデア発想法の研修を行なっている。受講者は仕事で抱える問題・課題に取り組み成果を上げている。年間1,000万円以上の成果を上げた事例が数多くある。

 

「これはこうだ」と決めつけマンネリ化したやり方をするのではなく、「よくしよう」と前向きに取り組めば前進できるのである。

 

なお、セミナーの詳細はこちら

 


【2018/07/16 14:55】 | 柔らかい発想 |


<<黒部ダムと称名滝を堪能した | ホーム | 変化に応じた柔らかい発想をする>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |