FC2ブログ
中欧旅行を堪能した

620日~28日に、JTBのツアーで、中欧(チェコ、オーストリア、ハンガリー)を妻と旅行してきた。

 

チェコではプラハとチェスキークルムロフ、オーストリアではウィーンやザルツブルクなどを訪れた。また、ハンガリーではブダペストを訪れた。

 

以下、特に印象に残っていることを紹介しよう。

 

まず、雨のち晴れのチェスキークルムロフ。自由時間に街の中を歩いていたが、どんよりと曇ってきたかと思ったら急に雨が降り出した。しばらくして雨がやみ、今度は陽が差してきた。

 

このとき、丘の上から街を見下ろしたが、その光景が実に素晴らしかった。まさに「世界で一番美しい街」そのものだった。

DSC01505★

 

この日は、ちょうど「五弁のバラ祭り」という街をあげてのフェスティバルが開かれていたが、これも見ごたえがあった。

 

中世の衣装をまとった人が街の中を練り歩き、広場や路上で劇や演奏が楽しめた。クライマックスは日が暮れたあとのたいまつ行列で、荘厳そのものであった。

 

ウィーンでは、自由時間にカールス教会を訪れた。わたしはバロック様式が好きなので、バロック建築の傑作の一つに数えられるこの教会を訪れたわけである。

 

教会の姿も見事であったが、驚いたのは礼拝堂に修復用のエレベーターが設置されていたこと。

 

そのエレベーターで天井近くまで上がり、天井に描かれたフレスコ画をすぐ近くで見ることができ感動した。また、天井近くから見下ろした礼拝堂の光景も素晴らしかった。

DSC01839.jpg

 

ウィーンでは、夜の自由時間にクアサロンでコンサートを楽しんだ。クアサロンは、市立公園内にあるゴージャスなコンサートサロン。

 

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」やヨハン・シュトラウスシュトラウスの「美しく青きドナウ」など、聞き覚えのある曲が演奏され、音楽の都で生の音楽を堪能した。

 

 そして、旅行最後の日にブダペストを訪れ、ドナウ川クルーズを満喫した。船上からドナウ川の両岸に見られる街並み、建物、橋などを眺めて楽しんだ。

 

圧巻はライトアップ。中欧では夏季は日暮れが遅く夜の9時頃。915分頃からライトアップが始まった。

 

ライトアップされたブダ王宮やマーチャーシュ教会、くさり橋が輝いて見えた。特に、国会議事堂はまぶしく光っていた。月も見えた。


DSC02248★

 

以上のほかにも、メルク修道院の礼拝堂の神々しさ、デュルンシュタインの修道院教会の青く清々しい姿などが印象に残っている。

 

今回の旅行で、「これは大事だ」と感じたことが三つある。

 

一つは陽が差すこと。曇っていると建物や風景などが冴えない。ボソッとした感じである。ところが、陽が差すと見事な姿を見せる。天候は自然現象なので、運に任せるしかない。

 

二つ目は自由時間の大切さ。印象に残っている所の多くは、ガイドさんに案内されみんなで行った所ではなく、自由時間にブラついた所。思わぬ出合いがあれこれあった。

 

三つ目は人との出会い。ツアーに同行した人と親しくなれ、食事中などさまざまな話をして有意義であった。また、デジカメやスマホに使う充電ツールをホテルに置き忘れたら、充電器を貸していただき本当に助かった。

 

付け加えるなら、添乗員さんがとても親切であった。個別に相談に乗ってくれたし、ライトアップが見られるよう時間の調整もしてくれた。

 

五年に一回程度海外に行くと、頭の切り替えもできる。次はどこに行こうか。

 


【2018/07/03 10:36】 | 柔らかい発想 |


soji 国会議事堂の美しさは目を見張るばかりです。そこで質問。

ハンガリーの国会も日本と同じように、「ヤジ」「居眠り」「嘘の答弁」と「的外れな野党の質問」に溢れているのでしょうか。

外国人からすると、日本の国会議事堂も実に美しく見えるはず。しかしその中でのやりとりは国民としても恥ずかしくなるほど。まるでバカラのグラスに泥水を入れているようなものですね。

ふと思ってしまいました。

さとう秀徳 ネットによると、イギリス、イタリア、フランスの議会では、野次も居眠りもないようです。ハンガリーも同様だと思います。

残念ながら、日本は国会に対する意識が低い気がします。

ちなみに、ハンガリーの国会議事堂は世界一美しいといわれています。

コメントを閉じる▲


<<思い込みを捨てよう | ホーム | 「難しい」と決めつけずトライしよう>>
コメント
国会議事堂の美しさは目を見張るばかりです。そこで質問。

ハンガリーの国会も日本と同じように、「ヤジ」「居眠り」「嘘の答弁」と「的外れな野党の質問」に溢れているのでしょうか。

外国人からすると、日本の国会議事堂も実に美しく見えるはず。しかしその中でのやりとりは国民としても恥ずかしくなるほど。まるでバカラのグラスに泥水を入れているようなものですね。

ふと思ってしまいました。
【2018/07/11 22:32】 URL | soji #-[ 編集] | page top↑
ネットによると、イギリス、イタリア、フランスの議会では、野次も居眠りもないようです。ハンガリーも同様だと思います。

残念ながら、日本は国会に対する意識が低い気がします。

ちなみに、ハンガリーの国会議事堂は世界一美しいといわれています。
【2018/07/12 08:26】 URL | さとう秀徳 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |