FC2ブログ
メタボで特定保健指導を受けた

このたびメタボリックシンドロームに該当するということで、居住地の足立区からの勧めで、指定の病院で保健師さんから「特定保健指導」を受けた。

 

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積により、脂質異常症などの生活習慣病を発症し、重症になると心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす。

 

わたしの場合は脂質異常症である。中性脂肪やコレステロールが必要以上に多くあり、このままでは動脈硬化を引き起こし、やがて心筋梗塞や脳梗塞になる恐れがある。

ちなみに足立区は、総死亡者数の約6割の主要死因が生活習慣病と言われている。わたしもそのうちの一人になりかねない。

 

こうした望ましくない現状を打破するために、特定保険指導(無料)を受けたのである。

 

結論的に言えば、内臓脂肪を減らすこと。これが重要であるとのこと。

わたしは太っているわけではないが、内臓脂肪があるため腹がポッチャリ出ている。これを改善しようというわけである。

 

具体的には、3カ月で腹囲(ウエストサイズ)を3センチ減らすこと。これを目指すことになった。これは体重を約3キロ減らすのに相当する。

 

そのために、毎日30分の速歩ウォーキングをすることにした。やや息が切れる速度で歩き、そうして内臓脂肪を燃焼させるのである。

 

これまで毎日1520分のウォーキングをしていたが、内臓脂肪は20分以上歩かないとが燃焼しないとのことである。

 

今回指導を受けたおかげで、具体的な目標と行動が明確になった。

 

ちなみに、足立区からの勧めがあっても、ちゃんと指導を受けている人は18%しかいないとのこと。5人に1人もいない。勿体ない。


【2018/10/06 15:37】 | 柔らかい発想 |


| ホーム |