FC2ブログ
成果を出す3つのポイント

わたしは、これまで「アイデア発想法」の研修やセミナーを通じて2万人以上のビジネスパーソンに会ってきた。

 

みんなさまざまなテーマ(問題・課題)を抱えている。それらを解決・達成しようと真面目に頑張っている。しかし、思うように成果が出ない。

 

なぜ、思うように成果が出ないのか。

 

それは、真面目に頑張っているからである。頑張れば頑張るほど行き詰まる。

 

まず、大事なことは頑張ることをやめること。

 

ここに、部屋の外に出ようと頑張って窓に向かって飛ぶハエがいる。しかし、窓ガラスにぶつかって外に出られない。

 

しかし、ハエは相変わらずぶつかり続けている。そのうち、「うるさい!」と家主に叩かれる。

 

よく見ると、窓の端の方は開いている。なのに、ハエはそれに気づかない。窓に向かって進めば外に出られると思い込んでいるのだ。

 

この思い込みから抜け出すには、まず休む必要がある。ぶつかることをやめる。

 

わたしたちもこのハエと同じことをしている。売れないのに相変わらずの売り方をしている。会議が長いのに相変わらずタラタラやっている。マンネリ化している。

 

今までのやり方をやめる必要がある。そのために一度休む。頭を冷やす。そうして「こうやるものだ」という思い込みから抜け出す。

 

頭を冷やしたら、次に目的・目標を明確にする。つまり目指す所をはっきりさせる。

 

従来は常識や習慣、固定観念に縛られ「こうやるものだ」と思い込み、肝心の目的・目標を忘れ短絡的・マンネリ的に行動している。ハエとまったく同じである。だからうまくいかない。

 

目的・目標を明確にするには「何を目指すべきか」と自問する。たとえば次のようにである。

 

「商品を売る」→「何を目指すべきか」→「お客さんに喜ばれる」

 

こうして目的・目標を明確にした上で、達成する方法を考える。そのために広く見る・聞く。

 

たとえば「お客さんに喜ばれる」ために、商品を見る。お客さんの声を聞く。

 

そうして商品の特徴やお客さんの要望をつかむことで売れるようになる。

 

以上をまとめると次のようになる。

 

①今までのやり方をやめる(一度休み頭を冷やす)

②目的・目標を明確にする(何を目指すべきか)

③達成する方法を考える (広く見る・聞く)

 

これら3つのポイントを押さえることで、思うような成果が出るようになる。

 

詳しくはこちら  

 


【2018/03/31 15:33】 | 柔らかい発想 | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ