いろいろと思わぬことに出会いました

最近のことです。夕方に、大分県の日出(ひじ)町にある大神(おおが)駅前のバス停で、大分空港行きのバスを待っていました。

 

待っていましたが、バスはなかなかやってきません。そして、20分遅れでようやくやってきました。

 

東京では地下鉄などの鉄道をよく利用しますが、ほぼ定刻にやってきます。なのに、20分も遅れるとは……

 

そこで、隣にいた高校生に聞いてみると、「20分遅れるのは普通にある」とのことです。「へえ~~」と驚いた次第です。

 

もう一つ驚いたことがあります。あんなに待たされたのに、降りるとき、女子高校生がほとんどみんな運転手に、「ありがとうございました」と言って降りたのです。

 

日本は広いですね。

 

なお、大分に飛行機で向かったときのことです。ちょうど富士山の上を通るというので、カメラを構えて待っていましたが、撮れたのは真っ黒の富士山。ガックリ!!

  DSC00256.jpg

 

いつもなら山頂付近は冠雪をしています。ところが、今年は平年に比べ29日(約1カ月)も初冠雪が遅く、まだ冠雪していなかったのです。

 

ちなみに、初冠雪はわたしが飛行機に乗った2日後の1026日。1894年の観測開始以来、1956年と並ぶ最も遅い初冠雪となりました。9~10月の気温が平年より高かったからです。

 

バスといい、富士山といい、いろいろと思わぬことに出会いました。


【2016/10/30 15:58】 | 前に進もう | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ