あるべき姿の実現を目指す

早くも年末です。アッという間に一年が経ちました。一年間読んでいただきありがとうございました。

 

今年はあなたにとってどんな一年でしたか。

 

さて、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』に登場した、酒田市の歯科医・熊谷崇さんのことです。

 

彼の考え方は、「虫歯を治す」といった目先のことではなく、住民が「一生、虫歯にならないこと」を目指しています。

 

この考え方、本当に大事ですね。

 

目先の問題を解決するのではなく、問題が起こらないよう、あるべき姿の実現を目指します。

 

わたしたちもかくありたいですね、

 

たとえば、商品が売れないとき、「値下げをする」といった目先の対応をするのではなく、「お客さんが喜んで買ってくれる」ことを目指します。

 

あるいは、職場の人間関係が悪化したとき、「自分の正当性を押しつけようとする」のではなく、「仕事がスムースに進む人間関係をつくる」ことを目指します。

 

「目先の問題解決 → あるべき姿の実現」という考え方をはっきりと認識でき、わたしにとって大きな収穫のある一年でした。

 

来年は、この考え方をもとに活動していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

★この記事はメルマガでも配信しています。購読(無料)ご希望の方はこちら(快想BOX)をどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0000088480.html


【2015/12/29 08:42】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ