紅葉の高尾山を訪れました

高尾山の紅葉の見ごろが11月中旬~11月下旬ということで、家族で1123日に行ってきました。

 

紅葉の見ごろと休日(勤労感謝の日)が重なるということで混みそうなので、ケーブルカーの第一便(8時発)に乗ろうと朝早く出かけました。

 

北千住~新宿~高尾山口。そこから徒歩5分でケーブルカーの清滝駅。6~7分待って8時発のケーブルカーに乗りました。曇天であったせいか、思ったより混んでいませんでした。

 

ケーブルカーは、清滝駅(標高201m)から高尾山駅(標高472m)まで乗車時間は約6分。日本最高の傾斜である31度の斜面をのぼりました。

 

確かにスゴイ傾斜でした。フロント部分に陣取りましたが、垂直にのぼっている感じを受けました。

 

高尾山駅に到着し歩きはじめましたが、紅葉は黒ずんでいてあまりきれいではありません。

 

歩いていると、高尾山に毎日登っているという人(60代後半らしき女性)に会いました。渋谷から来ているとのこと。いろいろな人がいます。

 

 
道は途中で男坂と女坂に分かれます。階段のある男坂を選びました。階段の上側に着くと、そこからさらに階段をのぼって仏舎利塔にたどり着きました。

 

高尾山

ここの紅葉はとてもきれいでした。仏舎利塔をながめつつ紅葉を堪能しました。

 

そこから薬王院(真言宗智山派の大本山)へ向かい、お線香をあげ家族の健康を祈願しました。

 

そして、高尾山の山頂(標高599m)へ到着。高尾山駅から約70分(途中の休憩を含む)。これといった急勾配もなく楽々歩けました。

 

山頂の展望台から八王子の市街地が眼下に見えます。晴れていれば富士山が見えるとのことです。

 

なお、わたしは山頂からの眺めは筑波山の方が好きです。関東平野を広く見渡せるからです。

 

山頂で早めの昼ご飯(にぎり飯)を食べ、帰り(下り)は吊り橋のある4号路を通りました。ちなみに、行き(上り)はメインの1号路でした。

 

吊り橋で揺れを楽しみ、高尾山駅に到着。同じ乗り物ではつまらないということで、ケーブルカーではなくリフトに乗ることにしました。

 

リフトは二人乗りですが、乗ってみて驚きました。下りのせいか、落ちそうな感じがするのです。もう恐くて、棒にしがみついていました。

 

リフトに乗っている時間は約12分。傾斜が落ち着いてきたあたりから、周囲に目が向き、イチョウの見事な黄色を堪能することができました。

 

なお、ケーブルカーもリフトも大人・片道480円でした。

 

高尾山は気軽にのぼれる山です。ハイキングに毎年のぼってもいいなと思いました。次は秋晴れを期待したいです。

 



【2015/11/28 17:39】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ