タクシーの現状を垣間見た

シルバーウィークの9月22日、午後1時過ぎ。仙台駅東口でのことです。駅から多くの人がぞろぞろと出てきます。

 

利府町の宮城スタジアムで「嵐」のコンサート(観客数約5万人)が午後4時頃からスタートするということで、これに向かう人たちです。

 

わたしはタクシーに乗ろうと思っていたので、これではとてもタクシーには乗れないと諦めかけましたが、タクシー乗り場の方を見るとほとんど人がいません。

 

仙台駅から宮城スタジアムまで車で約30分ですが、タクシーを使う人はなく、みんなシャトルバス(ピストン輸送)を利用するようです。

 

タクシーの運転手さんの話だと、「嵐のコンサートの恩恵はまったくありません」とのこと。

 

話のついでに、朝8時からのタクシー利用状況の一覧表を見せてくれました。

 

それを見ると10回程度の利用があり、利用料金はすべて1000円以下でした。このように、遠くまで乗る人はあまりいないとのことです。タクシーの現状を垣間見ました。

 

ちなみに、わたしは2000円ちょっと乗ったので上客となりました。

 


【2015/09/27 17:47】 | 未分類 |


| ホーム | 次ページ