ヤマダ電機閉店

2カ月前に、ノートパソコンとデジカメを新調しました。このとき利用したのが、近くにある(自転車で10分の)ヤマダ電機の千住大橋店(足立区)。

 

その千住大橋店が6月末に閉店となります。開店してわずか1年2カ月での閉店です。

 

閉店となるのも仕方がありません。なにせお客さんがいないのです。

 

わたしが2カ月前に訪れたとき、広い店内にいるお客さんはわたしを含め3~4人。「これでは、そのうち潰れるな……」と思いましたが、やっぱり。

 

お客さんがいない原因の一つは立地にあります。

 

北千住の中心街や住宅街から離れていて、かつバックに隅田川が流れています。いわば、都会のへき地です。

 

販売価格約9万円のノートパソコンの場合、北千住駅前にある家電店より、ヤマダ電機の方が約5%(4500円ほど)安かったので、わたしはヤマダ電機で買いました。

 

しかし、多くの人は便利な駅前の家電店、もしくは電車で13分の大型店・ヨドバシAkibaを利用するようです。

 

また、集客や売上アップの工夫も特にないようでした。新聞の折り込み広告などで目に止まったことはありません。

 

安さ勝負だけでは通用しない時代になっています。

 


【2015/06/29 07:25】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ