目的を忘れマンネリ化している会議

わたしたちは、いつの間にか目的を忘れマンネリ的に続けていることが少なくありません。

 

たとえば会議です。目的をはっきりさせないまま、定例会議だということで、毎日あるいは毎週行なっています。

 

各人がただ報告するだけで、イチイチ集まらなくてもいいような会議が少なくありません。

 

会議の目的は「議題があり、議論をして、結論を得る」ことです。これといった議題がなく、議論もなく、結論もないのに定期的に行なわれています。

 

見直す必要があります。メールもそうです。報告書もそうです。実験も個別訪問も同様です。

 

はじめは目的も意味もはっきりしており、それに合わせて行なっていたことが、時間の経過とともに形骸化していることがほとんどです。

 

わたしの場合、その典型が机上の辞典類でした。パソコン内に辞典が用意され、ほとんど使うことがにないのに、3年も机の一等地に置いていました。

 

そろそろ年賀状を出すころになってきましたが、これもまた形骸化しています。見直そうと思っています。

 

一番見直すべきは健康のことかもしれません。食事、運動、睡眠など、マンネリ的に毎日を送るのではなく、今の自分の状況をよくつかみ、それに応じて変える必要があります。


【2014/10/27 13:28】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ