JR北海道とJR九州
JR北海道が、レールの不具合の放置問題がマスコミで大きく取り上げられた。

レール幅が基準値以上に広がったままのものが300カ所近くあり、1年近く放置されていた場所も数カ所あった。

JR北海道は、300億円を超える大量の赤字を毎期垂れ流しているというが、今回の問題でも後ろ向きの姿勢が感じられる。

一方、JR九州。

日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」を走らせる。阿蘇やわが故郷の由布院など九州を一周する。

3泊4日で38万円~95万円と高額だが、予約は来年6月まで埋まっており倍率は7~9倍に上ったという。大人気である。

また、沿線からさまざまな形で手を振る「九州新幹線全線開業」のCMも人気を博した。わたしも大好きだ。

さらに、「ゆふいんの森号」「いぶたま号」など人気の列車もある。

以上のように、JR九州には前向きの姿勢が感じられる。

JR北海道の今後は、どれだけ前向きの姿勢をとるかにかかっている。ぜひ、北海道ならではオリジナリティを出してほしい。

北海道には、函館ハリストス正教会や旭山動物園など、魅力あるところがいっぱいあるのだから。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス
【2013/09/30 07:43】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ