『鶴瓶の家族に乾杯』 と 『ためしてガッテン』
『鶴瓶の家族に乾杯』、そして『ためしてガッテン』。いずれも、1995年スタートのNHKの夜8時台の人気番組である。

わたしは、この二つの番組を必ず見るようにしている。いろいろと発見があって面白いからだ。

『鶴瓶の家族に乾杯』は、ぶっつけ本番の旅番組と言われている。「こんな所があるのか」「こんな人がいるのか」という発見がある。

また、『ためしてガッテン』はクイズを取り入れた生活情報番組であるが、「こんな工夫や方法があるのか」という発見がある。

面白さを倍増しているのが、鶴瓶と志の輔というキャラクター。両人とも落語家だが、いい味を出している。

ちなみに、鶴瓶はわたしと同じ歳である。三宅裕司も同じ歳だが、彼の2年後輩が志の輔である。私と同世代が活躍している。

あっ、待てよ。どちらの番組も小野文惠アナウンサーが担当だ。小野アナの個性的な魅力もはずすことができない。

NHKのアナウンサーが、週1回放送のレギュラー番組を長期間担当することは稀だという。さらに、夜8時台のゴールデンタイムを2本担当することも稀有だという。ということは、小野アナにはそれだけ隠れた人気があるのだろう。

なお、最近の視聴率であるが、『鶴瓶の家族に乾杯』…17.2%。『ためしてガッテン』…12.2%。ちなみに、『八重の桜』…18.1%。

以上、番組の面白さ、魅力あるキャラクターの存在、そして個性的な進行役、これらが揃っての人気長寿番組である。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス
【2013/01/28 10:28】 | 未分類 |


| ホーム | 次ページ