アマゾンが日本での電子書籍事業に参入
「アマゾンが日本での電子書籍事業に参入」という記事が新聞(朝日10月24日)に載っていました。概要は次の通りです。

インターネット通販大手の米アマゾンが、日本での電子書籍事業に参入する。25日から販売サイト「キンドルストア」で5万点以上の日本語書籍の販売を始める。米国で電子書籍ブームをつくったアマゾンの上陸で、国内市場の活性化につながるかどうかが注目される。

講談社や小学館、角川グループ、新潮社、文芸春秋などの大手出版社がアマゾンに書籍を提供することで合意した。自社製電子書籍端末キンドルのほか、スマートフォンやタブレット、パソコンで読める。

以上が概要です。日本では電子書籍があまり普及していませんが、スマホやタブレットが普及した今日、だんだんと広がるかもしれません。なお、キンドルストアの中に、次のわたしの本も一冊含まれています。

 『1枚のシートでササッとアイデアが出る!技術』
           さとうひでのり著 すばる舎刊 938円

ヒントのとらえ方とアイデアの出し方をわかりやすく書いています。スマホでいつでも読めます。紙版の1470円に較べると安く買えます。よろしかったらどうぞ。 詳しくはこちらです。


テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス
【2012/10/29 08:47】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ