尊敬に値する稲盛さん、80歳
京セラの創始者の稲盛和夫さん(80歳)のこと。

2010年1月、日本航空の立て直しのために、当時の鳩山首相から要請され代表取締役会長に就任する。無給で再建に務めた。

2012年9月19日、日本航空は経営破綻からわずか2年8か月という異例の速さで、東京証券取引所第1部に再上場した。

この立役者として、稲盛さんは、『NHKニュースウオッチ9』 (12.09.19)にゲストとして登場。

稲盛さんは再建についてあれこれ語られたが、そのときの態度が実に尊敬に値するものだった。

とても謙虚で威張ったところがまったくない。再建に協力してくれた銀行、国、社員等への感謝の気持ちを丁寧に述べた。

わたしの座右の書の一つに、『心を高める、経営を伸ばす』 (稲盛和夫著・PHP文庫)があるが、その中に次の一文がある。

「無私の心を持っているリーダーならば、部下はついてきます」

まさに、このことを実践した結果の再建であろう。

ちなみに、経営破綻前の09年3月期の売上高は1兆9511億円、営業損益は508億円の赤字、純損益も631億円の赤字だった。

そして、再建後の12年3月期の売上高は1兆2048億円、営業利益は2049億円の黒字、純利益も1866億円の黒字で、どちらも過去最高の利益となった。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス
【2012/09/24 16:39】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ