ツイッター、要は使い方次第
ツイッターを始めて約1ヶ月がたつ。気づいたことがいくつかある。

「今日は疲れた。もう寝る」といったどうでもいいつぶやきがある。私にはまったく関係や関心のない話も数多くある。PRも多い。

自分の一方的な主義主張をひとすらつぶやいている人も少なくない。読むのに耐えられなくなる。

思いつきをそのまま書いているので、読みづらかったり、意味や言いたいことがわかりにくいものもよくある。

そうした一方、「なるほど」と思える役に立つ情報や考え方を提供してくれる人がいる。

また、つい笑ってしまう話や写真を載せてくれる人がいる。気持ちが和らぐ。

新聞などのマスコミでは得られない具体的な情報も少なくない。

以上、清濁あれこれあるのがツイッター。要は使い方次第である。

ツイッターでは、身近な人やマスコミからは得られない情報や考え方が得られる。 あれこれ目が広がる。

つぶやく人や内容を選びながらツイッターを利用していきたい。

【2011/05/30 11:05】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ