アイデアには出し方がある

34年間、アイデア発想法の研究・指導をしてきて言えること。

 

アイデアには出し方がある。そのポイントは次の二つ。

 

1.目標を立てる 

2.ヒントを書く

 

まず、目標を立てる。

 

たとえば、「課内会議の時間を半分にする」 「電気代を20%減らす」 「トマトを10袋売る」「次の総選挙で当選する」というように目標を立てる。

 

続いてアイデアを出すが、ただ腕を組んで考えてもアイデアは出ない。出るのはアクビかオナラくらい(笑)。

 

そこで、ヒントを書く。ヒントを書けばアイデアが出る。

 

ヒントとは、目標に関する状況や関係者の声(意見、要望)。

 

「課内会議の時間を半分にする」の場合、会議の状況を書く。たとえば、「机に座り営業報告などをしている」「約2時間かかっている」と書く。

 

また、会議の参加者の声(意見、要望、不満)を書く。たとえば、若手社員A君の意見…「ベテラン社員の自慢話が多い」「議論が少ない」と書く。

 

こうしてヒントを書くとアイデアが出る。

 

たとえば、「イスに座り営業報告などをしている」をヒントに、「座らず立ってやる」「営業報告はメールで行ない、会議では議論だけ行なう」などのアイデアが出る。

 

かくして2時間掛かっていた会議が1時間以内で終わる。

 

他の目標も同様にして行なう。次の総選挙で当選したい人は、ヒント(選挙区の状況、有権者の声)を具体的に書くとアイデアが出る。

 

以上、目標を立てヒントを書けばアイデアが出る。なのに、これをやっている人はほとんどいない。

 

「アイデアが出ない」と言っている暇があるなら、目標を立てヒントを書こう。今すぐやってみよう。

詳しくはこちら →http://sozosystem.c.ooco.jp/

 

 



【2017/08/12 18:44】 | 前に進もう | トラックバック(0) |


龍口寺でよみがえる

前にも触れましたが、729日(土)、街歩きの会「遊子会」で江ノ電沿線を散策しました。全11人です。

 

この日は、まず江ノ島に向かいました。江島神社を詣でたあと昼食。名物のシラス丼を食べました。まずまずの美味しさでした。

 

その後、海へと下り、岩屋(波の浸食でできた洞窟)を散策したのち、江ノ島駅方面に向かいました。

 

江ノ島駅の辺りまで来たときのことです。今回案内してくれた人から、「さとうさん、顔が真っ赤だけど、大丈夫?」と心配されたのです。

 

「熱射病で、このまま倒れてしまうのではないか」と気にしてくれたようです。

 

昼食後、ここまで約2.5キロ歩いてきました。自分ではそれほど疲れていないと思っていました。しかし、気温は31℃程度あり、疲れが顔に出ていたようです。

 

ということで、江ノ島駅のすぐ近くにある龍口寺(りゅうこうじ)の入り口(仁王門)辺りで休憩することになりました。

 

少し休んだあと、見上げると山門が見えます。なかなかの構えです。境内に入ってみたくなり、数人のメンバーとともにそちらに向かいました。

 

境内に入ると、大本堂がまさしく堂々と迎えてくれました。そして、その後方に、なんと五重塔が見えるではないですか。

龍口寺 
何を隠そう、わたしは五重塔の大ファン(塔ちゃん?)です。五重塔に向かって思わず駆け出しました。

 

それを見たメンバーが、「元気になって良かった」と安心したようです。それまでグッタリした様子だったのでしょう。

 

さて、この龍口寺、もともとは処刑場でした。

 

日蓮聖人が著した『立正安国論』を鎌倉幕府は政策への中傷であると受け止め、日蓮聖人をここで処刑しようとしたのです。

 

あわや斬首になるときでした。突然の稲光により首斬り役人の目がくらみ、斬首の刑は中止となったのです。

 

ここは日蓮聖人があわやのところで救われた奇跡の地でしたが、その奇跡の地で、わたしもよみがえったのです。

 

とまあ、少し大袈裟ですが、ここで元気をいただいたのは間違いありません。この元気をこれからの人生に役立てたいと思っています。前に進もう!

 

【参考1】 龍口寺の五重塔は、明治43年(1910年)建立。神奈川県唯一の本式木造五重塔で、大本堂とともに「神奈川建築物百選」に選ばれています。詳しくはこちら

 

【参考2】 わたしの好きな五重塔(ベストスリー)は、1.瑠璃光寺(山口)、2.室生寺(奈良)、3.東寺(京都)です。いずれも国宝です。

 



【2017/08/05 15:49】 | 前に進もう |


普段着版のおもろいプロフィール
わたしはホームページを開いています。
そこに普段着版のプロフィールがあります。

くだけた文体がおもろいです。こちらです

【2017/08/05 08:29】 | 前に進もう |


江ノ電沿線の見どころ

わたしは「遊子会」という街歩きの会を主宰しているが、このたび(7/29に)メンバーのOさんが江ノ電沿線を案内してくれた。

 

印象に残ったのが極楽寺。極楽寺駅のすぐ近くにある。

 

特に印象に残ったのが、境内にある野性的な花。たとえばサルスベリ。あるいはハス。緑の木々が茂る中、おごそかに花を咲かせていた。

 

DSC05600★ 

派手さはない。しかし、「わたしはここにいます」としっかり主張している。思わず頭を下げてしまいそうになる。

 

ここを訪れる人は、パラパラといった感じであまりいない。

 

このあと、隣の長谷駅で降り長谷寺を訪ねたが、ここには多くの観光客が訪れていた。

 

ひと駅(約700メートル)違うだけなのに、田舎と大都会くらいの差を感じた。両方の雰囲気とその差を味わうことができる。

 

極楽寺とともに印象に残ったのが、龍口寺。江ノ島駅下車、徒歩3分。

 

ここには、木造の五重塔が本堂の後方上方につつましくそびえている。

 

わたしは五重塔のファン(塔ちゃん?)なので、意外な所で五重塔に出会えて感動した。

 

ちなみに、海岸方面(七里ヶ浜)では多くの人がサーフィンを楽しんでいた。


【2017/07/31 20:12】 | 前に進もう | トラックバック(0) |


ひっくりこけても前に進もう
今日の毎日新聞「仲畑流万能川柳」にわたし(ひねのり)の句が載った。

  ひっくりこけても前に進もう

これは100点招待席の句である。今回で7回目。
新聞に掲載されると、秀逸句が5点、普通句が1点で計算される。
そうして100点に達したときの記念として掲載される。

人生で、ひっくりこけることはよくある。それでも前に進もう!

【2017/07/25 06:34】 | 前に進もう |


| ホーム | 次ページ