若手芸人のお笑いバトル

6月末のことです。ご縁があって渋谷の「ヨシモト∞(無限大)ホール」で、若手芸人のお笑い(漫才・コント)を楽しんできました。

 

ヨシモト∞ホールは、「次世代の笑いを発掘するためのスタジオとして設立されたホール」です。

 

ここには「ランクシステム」というのがあります。上から「ファースト」「セカンド」「サード」「トライアル」の4つのランクがあります。

 

ファーストクラス…15組、セカンドクラス…40組、サードクラス60組、トライアルクラス・その他約500組です。

 

所属する芸人は、これらのどれかにランク付けされます。そして、定期的に入替戦が行われます。

 

ファーストクラスには、実力ある看板芸人が所属します。劇場だけでなく、各メディアでも活躍の場が広がります。

 

今回は「トライアル&バトル」というのを楽しんできました。上演時間は午後6時半~8時で、入場料は1000円。客席(218席)はほぼ満席でした。

 

1番下に位置するトライアルクラスの中から選ばれた24組(25組の予定が1組欠席)が、一つ上のクラス(サードクラス)を目指しバトル(お笑い競争)を行ないます。

 

各組ネタ時間は2分で、審査員票とお客様票の合計ポイントで順位が決まります。お客様(観劇者)であるわたしのポイントももちろん含まれます。

 

ポイントを集計し、上位10組がサードクラスとの入替戦(毎月1回開催)に出場できます。

 

この入替戦を「サード∞チャレンジ」と言います。トライアルクラスの上位10組とサードクラスの下位10組が参加しバトルを行ないます。

 

わたしの応援したコンビは、力を持ちながらも残念ながら入替戦に出場できませんでした。

 

それだけ競争が激しいのです。わたしが将来性がある(面白い、うまい、個性がある)と感じたコンビだけでも5~6組いました。

 

 

お客様票がランク付けに関与すると言えば、AKB総選挙が思い出されます。歌の世界だけでなく、お笑いの世界でも同様のシステムが行なわれているのです。

 

そして、それが集客数アップにつながっています。お客さんの多くは、出場した芸人を応援しようとホールに足を運んでいるのです。

 

中に女子高生がいましたが、出場した芸人の「教育実習のときの生徒」だということです。また、「元銀座の売れっ子ママ」を母に持つ芸人もいました。いろいろなつながりで応援に来ているのです。

 


【2016/07/01 07:42】 | 快想BOX | トラックバック(0) |


東京にも森があった

東京(23区内)に森はないと思っていました。ところが、ありました。明治神宮御苑です。

 

6月2日、機会を得て明治神宮御苑に花菖蒲を見に行きました。ここは明治神宮の中にあります。御苑維持協力金として入場料が500円。

 

訪れたのは朝の8時半ころでしたが、ほとんど人がいません。まったく静かです。東京の都心とは思われません。

 

ゆっくりと菖蒲の花と周辺の新緑を楽しむことができました。

DSC07985t.jpg  

ここには、清正井(きよまさのいど)という湧水があります。加藤清正が掘ったと伝えられる都内有数の名湧水です。

 

文字通り清く湧き出ていました。まさに心が洗われました。清正井について、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ちなみに、この御苑は大名の加藤家、井伊家の下屋敷の庭園で、武蔵野特有の雑木林の面影を残しています。

 

菖蒲の花は当日(6月2日)はまだ早く、見ごろは一週間後(6月10日前後)とのことです。よろしかったらお出かけを。


【2016/06/05 11:03】 | 快想BOX | トラックバック(0) |


ゴールデンウィークに出かけました

10日間のゴールデンウィークを利用して、あちこち出かけた人が少なくないと思います。

 

わたしは、高円寺の大道芸(東京)、小田原城(神奈川)、アスレチックの清水公園(千葉)、鷲宮神社(埼玉)、そして九州の別府・杵築(大分)に行ってきました。

 

ここでは、小田原城の訪問を中心に書くことにします。

 

5月3日に訪れましたが、この日はちょうど「小田原北條五代祭り」が開催されていました。

 

5月1日に、天守閣が「平成の大改修」でリニューアルオープンしたこともあり、スゴイ人盛りでした。約24万人もの人が訪れたようです。

 

北条家の五代とは、早雲、氏綱、氏康、氏政、氏直です。テレビの「真田丸」では、氏政役を高嶋政伸が熱演しています。

 

10時半ころに城内に入りました。常盤木門を抜けると、天守閣が堂々と迎えてくれました。天守閣に入館するには2時間待ち。待っている気力はないのでパス。いずれまた……。


DSC06967★ 
 

城内ではあちこちに武者姿の人がいて、一緒に写真を取ったり、鎧(よろい)、兜(かぶと)、刀など触らせてくれました。

 

鎧は鉄片に漆を塗ったものでできており、その重さは15キロ程度だということです。重いですね。

 

12時半ころに城を出ました。13時半に始まる武者行列を観ようと、沿道には多くの人が陣取っていました。

そのために歩道は人でいっぱいで、車道にはみ出し徐行して走る車の横を歩いている人も少なくありません。

 

今回は祭りの開催を知らずに予定を立ててしまいましたが、次は混まないときに行きたいと思っています。

 

なお、小田原城には銅門という立派な門があります。銅門は何と読むでしょうか。

 


【2016/05/07 11:30】 | 快想BOX | トラックバック(0) |


いすみ鉄道・小湊鉄道を乗り継ぐ

4月23日(土)、小3の鉄ちゃんと房総半島に行ってきました。

 

東京駅発9時の特急わかしお(京葉線)に乗りましたが、先頭車両(自由席)にはわたしたち2人を含め、合計3人。貸切です(笑)

 

東京駅から乗車する場合、多くの乗客が乗り込むと思っていましたが、そうでもないんですね。

 

やがて千葉の蘇我駅。ここでは10人程度乗ってきました。そして、外房線を通って大原駅に到着。

 

ここで、いすみ鉄道に乗り換えです。一両だけの電車が1時間に一本程度走っています。いわゆるローカル線です。

 

いすみ鉄道は一時経営危機に見舞われましたが、社長を一般公募し、その社長のさまざまなアイデアにより危機を乗り越えました。詳しくはこちら

   

いすみ鉄道は沿線の菜の花が有名です。少し時期がずれましたが、まだ楽しむことができました。八重桜もあちこちに咲いていました。さらに、新緑が存分に目を楽しませてくれました。

DSC06555.jpg 

そして、大多喜駅に到着。ここには、鉄道ファンの聖地ともいわれる房総中央鉄道館があります。駅から歩いて2分で到着です。

 

模型ジオラマをメインに、駅名票やヘッドマークなど鉄道ファンが喜びそうなものを展示しています。鉄道関連商品の販売もしています。詳しくはこちら

 

ここの館長さんはもともとは塾の講師でしたが、鉄道好きが高じて鉄道館の開設となりました。鉄ちゃんは、館長さんと意気投合したようで親しく話していました。

 

大多喜駅から終点の上総中野駅に向かい、ここで小湊鉄道(2両編成)に乗り換え、内房線と交わる五井駅に向かいます。

 

上総中野駅で発車を待っている間、鉄ちゃんは運転手さんと仲良くなりました。そして、五井駅では元気にハイタッチをして別れました。

 

さて、駅名は読みの難しいものが少なくありません。ここに登場の蘇我(そが)や上総中野(かずさなかの)などもそうです。

 

鉄ちゃんは、こうした駅名を駅に着くたびに確認します。そのことにより、自然と漢字力や語彙力が身につきます。地理にも詳しくなります。

 

また、館長さんや運転手さんと話すのでコミュニケーション能力も身につきます。一つの趣味からあれこれ身につきます。学校の授業だけでは得られません。

 

このことは、わたしたち大人にも言えることです。視野を広げるために何か趣味を持つことはとても大事です。

 

最後に問題です。小湊鉄道の駅に「海士有木」というのがあります。なんと読むでしょうか。

 


【2016/04/24 10:20】 | 快想BOX | トラックバック(0) |


ちょっとの場所・時間の違いで大きな差が生じる

4月17日(日)のことです。わたしは北千住に住んでいますが、この日は強い風が吹くとともに、昼ころから雨が振り出したので家の中でおとなしくしていました。

 

午後3時ころです。雨が上がり日が差してきたので、いつものようにウォーキングをしようと、裏の荒川の土手に上がりました。

 

すると、猛烈な風が吹いてきて、危うく吹き飛ばされそうになりました。とても歩いていられません。今まで体験した中で最も強い風でした。

 

家から土手まで100メートルくらいです。この間、風の強さはあまり感じませんでした。ところが、土手に上がったとたん強風です。場所によりこんなに違うものかと驚きました。

 

ニュースによると、この日は全国的に強風が吹き荒れました。東京都心でも、昼すぎに28.8メートルの強風を観測しました。この影響で、関東では45人がけがをしたということです。

 

同じくニュースによると、午後2時まえ、近くの千住本町商店街で、ビルの建て替え工事中の足場が強風にあおられ崩れました。

 

足場は高さ約30メートル、幅約50メートルにわたり、ビルからはがれるように崩れ道路をふさぎました。

 

通りかかった人の話によると、「あと1分遅かったら下敷きになっていただろう」とのことです。もし下敷きになっていたら、命に関わる事故になっていたかったかもしれません。

 

以上、強く感じたのは、ちょっとの場所・時間の違いで大きな差が生じるということです。

 



【2016/04/18 06:51】 | 快想BOX |


| ホーム | 次ページ