運慶に喝を入れられる

上野の東京国立博物館で「運慶展」が開かれている。期間は926日~1126日。
 

開催して間もない頃のテレビ報道では、混んでいる様子だった。1時間待つこともあるようだ。

ということで、観に行くのをためらっていたが、ツイッターに運慶展〈混雑情報〉というのがあるのを知った。



それで調べてみると、平日の午後は待ち時間がほとんどないことがわかった。

 

そこで、1013日(金)の正午過ぎに訪れた。1秒も待つことなく入場できた。

 

印象に残ったのは、無著菩薩立像(写真左)と毘沙門天立像(写真右)。

DSC06675.jpg  

無著(むじゃく)菩薩は、生きているような目でこちらを見つめる。そして、「虚心であれ」と語りかけてくる。素直に「はいっ」と答えた次第である。

 

毘沙門天は、鋭い目でこちらをにらむ。そして、「邪心を捨てろ」と迫る。思わず、「はいっ」と答えた次第である。

 

このように、語りかけてくる像を観たのは初めてである。要するに、喝を入れられたわけであるが、それだけ運慶の腕は優れている。

 

ひと通り会場を回ったあと、二つの立像をもう一度観た。そうして約1時間半ほど堪能して会場を後にした。

 

何でもそうだが、実際に観ないと心に響かない。運慶展、お勧めする。

 



【2017/10/14 16:07】 | 未分類 |


omachi 運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索すると無料で読めます。
少し難解ですが面白いです。

コメントを閉じる▲


葉があってこその花

葉があってこその花

 

9月17日(日)に、日光市の鬼怒川温泉にある「東武ワールドスクエア」に行く予定にしていた。

 

ところが、台風が来襲するということで翌日の18日に変更した。正解だった。

 

下今市から鬼怒川温泉まで、8月10日に運行を始めた「SL大樹」に乗ったが、木々の緑の中、空が高く青く迎えてくれた。

 

東武ワールドスクウェアには、46の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点が1/25に縮尺されて展示されている。

 

わたしは世界遺産など、城や寺社の建築物が好きなので、前からここに来たいと思っていた。

 

展示されている建物の中で特に印象に残ったのが、ローマのバチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂。

 

DSC06317.jpg 
勇壮たる姿に見ほれた。また、前に大きく広がる広場も目を楽しませてくれた。

 

実は、このサン・ピエトロ大聖堂には5年前に訪れた。そのとき、広場はそんなに広いと思わなかったが、ここでは俯瞰する感じで見たので広く感じたのである。

 

もう一つ印象に残っているのが、パリのモンマルトルの丘にあるサクレクール寺院。ここも広い坂道を前に勇壮とそびえている。

 

こうして見ると、建物(本体)そのものも大事であるが、その前の広場や坂道も大事である。ただポンと建っているだけでは印象が薄い。

 

ただ花だけが咲いているのではなく、周りに緑の葉が豊かにあってはじめて花の美しさが際立つのと同じである。

 

このことはたとえば組織なら、トップとともに、それを支えるブレーンの存在が欠かせないということである。

 

たとえばプレゼンをする場合は、メインの主張とともに、それを支える条件を整える必要があるということである。

 

SL大樹が運行を始めたのも、東武ワールドスクウェアという花に葉を添えたのかもしれない。その逆もあるだろう。いずれにしろ、互いに花と葉という関係である。

 

見終わって会場の外に出ると、自転車の曲芸をやっていた。文句なく面白い。これもまた葉である。

 

ともあれ、このたびの一番の葉は、会場の周辺の緑と青空であった。もし、曇天の雨の中であったら、どの建物も冴えなかっただろう。

 


【2017/09/19 07:57】 | 未分類 |


常識の枠を超え前に進もう!

思うようにアイデアが出ない。このような人が少なくありません。

 

では、なぜアイデアが出ないのでしょうか。

 

それは、常識の枠にとらわれているからです。

 

たとえば、「商品が売れないと値下げをする」というのが常識です。この常識の枠にとらわれている限り、「値下げ地獄」から抜け出せません。

 

では、常識の枠から抜け出すにはどうすればいいでしょうか。

 

「値下げをする」というのは、商品を売るための方法・手段です。方法・手段にとらわれている限り進歩はありません。

 

方法・手段ではなく、目標(目指すべき所)に目を向けます。

 

目標(目指すべき所)は「お客さんに喜ばれる」です。ここを目指します。

 

ある魚屋さんのことです。カレイを売るとき、かたくり粉をつけて揚げ、両面にタレをつけて販売することて、販売数がなんと8~10倍に増えたといいます。

 

お客さんは、イチイチ調理をしなくてもおいしく食べることができます。こうしてお客さんに喜ばれる工夫をすることで、値上げをしても売れるようになります。

 

以上をまとめると次のようになります。

 

○常識的方法 … 値下げをする

○目 標   … お客さんに喜ばれる

○新しい方法 … おいしく調理をする

 

あなたも常識の枠にとらわれていないで、目標(目指すべき所)をはっきりさせ前に進んでください。

 

たとえば、「忙しいと残業をする」という常識の枠にとらわれていませんか。

 

目標(目指すべき所)は「仕事を効率化する」です。

 

まずは会議、報告書の作成といった日常的なことから効率化します。すると、3時間掛かっていたことが1時間で終わるようになります。

 

常識の枠を超え前に進むために、目標(目指すべき所)をはっきりさせましょう。

詳しくはこちら→http://sozosystem.c.ooco.jp/kensyu.html

 

 



【2017/09/09 15:09】 | 未分類 | トラックバック(0) |


ちょっと工夫をする

ちょっと工夫をすることで、問題が解決したり楽しくなったりします。

 

たとえば、むし暑くて寝苦しいとなかなか寝つかれません。そこで、窓を開けます。しかし、風が入ってきません。

 

そこで、扇風機をかけます。ところが、かけっぱなしでは風邪を引きかねません。

 

そこで、工夫をします。タイマーをかけます。時間は寝つくまで(おおよそ30分)です。

 

すると、寝苦しさから解放され寝つくことができます。今の時期、こうして工夫をしています。クーラーが苦手なわたしにはピッタリです。

 

話は変わって、街中を歩いているとのどが渇きます。

 

通り掛かりの自販機でペットボトルのお茶を買います。150160円します。

 

少し工夫をすると安く買えます。

 

通り掛かり(表通り)の自販機ではなく、一本裏に入った通りや路地の自販機で買います。110130円です。2050円安いです。

 

少し遠回りして、食品スーパーで買えば90円~100円です。5070円も安いです。

 

積み重なるとバカになりません。しかも、安く買えると気分よく飲むことができます。

 

工夫と言えば、新幹線の車内でのワゴン販売のことです。

 

コーヒーを販売するとき、通常は「コーヒーいかがですか」と声を掛けます。

 

しかし、このようなありきたりの声の掛け方をしても買う人はあまりいません。

 

そこで、工夫をします。「挽きたてのコーヒーいかがですか」と声を掛けます。すると、売れるようになります。

 

平均の3~4倍の売上を誇るカリスマ販売員の工夫です。

 

何事も常識的、習慣的にやるのではなく、ちょっと工夫をしたいですね。



【2017/07/04 08:27】 | 未分類 |



大分県の由布院温泉には、年間400万人の観光客が訪れている。

そこから5kmほど離れた山の中にわたしの実家がある。

そこに緑と青をバックに、つつじが見事に咲いていた。

DSC03950★

【2017/04/30 09:56】 | 未分類 | トラックバック(0) |


| ホーム | 次ページ